考えていたこと、そしてお知らせ

a0210082_22325221.jpg


仕上がりました、コート。
久々に楽しく自由に、
編み物出来た気がしております。

そもそものスタートは、
在庫の毛糸を片付けたいっていう
ところからで、
どんな編み地になるか、
どんな服として仕上がるか
想像が出来なかったですが、
どうにかまとまって良かったです。

そして編み終わって思うのは、
今がこの作品を
編むべき時だったということで。

正直、このコートを作るにあたって、
ちゃんとした製図もしてないですし、
ゲージもろくに取らず、
ほとんどの作業を「だいたい」で、
思うまま、気の向くままに、
毛糸を使い、編み針を使い、
ただ「編みたい」という
気持ちにしたがって、
編み進めて仕上げて来ました。

普段、作品(特に服)を編む時には、
製図をし、ゲージを取り、
目数等を割り出す計算をし、
実際に編みはじめるまでに、
計算と試し編みを繰り返します。
そして本番を編んでも、
編み地のサイズが
製図と合っているか確かめたり、
あるいは合ってなかったら、
アイロンかける等で調整したり、
そりゃもう慎重に編み進めて行きます。

要は、いかに今回のコートが、
いわばデタラメな作り方で
作られたかっていうことです。
でも、今の自分には、
このデタラメな作り方で物を作ることが
必要だったのだと思います。
今ある毛糸を使えるだけフルに使って、
デタラメな配色で、
デタラメな作り方で作ること。
そうすることが、
必要だったのだと。

久々に、編み物への初期衝動というか、
そんな感じのことを思い出す作品が
作れたのではないかと、
自己満足に、
そう、ただの自己満足に浸っております、笑。

そんなどらちの自己満足の作品を
見られる展示が
今度始まります。

a0210082_2232523.jpg


広島職人博覧会

12月12日(水)〜27日(木)
10時〜17時

旧日本銀行広島支店(広島市中区袋町5-21)

http://artisan-expo.jimdo.com/

広島を拠点に活動する職人、
作家20組の作品展です。
出店はひとり2点で、
内容は、過去の作品1点と、
挑戦した物1点。
ジャンルは、洋服、家具、
レザークラフト、キャンドル等、様々です。
各作家の作品数が少ない分、
ひとつひとつをじっくり見て頂けるような
展示となっております。

どらちは、このデタラメコートを出品予定です。
ぜひ現物を実際に見にいらして下さい。
このデタラメっぷりをその目で!
ご来場お待ちしております。
[PR]
by knittingworkpd | 2012-12-09 22:32 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pdknit.exblog.jp/tb/16948730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。